こんにちは♪家事シェア収納で、家族happy!長崎市の整理収納アドバイザー・やすよです(๑’ᴗ’๑)

今日は、<紙袋のキレイな収納法>について書きます。

これは、お友達から教えてもらいました♬(ありがとうございます!)インスタグラマーさんがやっていたそうで、真似してよかったから続いているそうです。

その前に!!皆さんはご自宅の紙袋をどこに収納しているか、わかりますか?

一箇所?2箇所?隙間という隙間に紙袋を突っ込んでいませんか?w

これは、セミナーでも良くお尋ねします。どこにある!何枚くらいある!とパッと言えるかで、お片づけレベルがわかります(*^∪゜)v

我が家は、キッチンの無印のラックの一番上の籠バックに収納しています。アクセスがいいので、我が家の場合は、ここです♬

これは、お義母さんが使ってたやつ。ハンドメイドのカゴです。

作りがしっかりしていて、自立します。はみ出てますが、一目で見てパッとわかるし、インテリアにも合っているので愛用してます。

紙袋の収納は、倒れにくく、しっかりしたものがオススメです。

↑無印のファイルBOXに収納している整理収納アドバイザーさんもみかけます。

固めの紙袋でもいいと思います。(しっかりして、見た目がいいやつがオススメ)

その前に、どこに収納するか?どれくらいの量?で、また収納用品も変わってきます(´◡`)

 

さて、<紙袋のキレイな収納>ですが、畳み方にあり!

①まず、取手を内側に入れ込みます。

②底を上にして収めます。

底の向きを一定方向に収めると、取り出す時にも引っかかりません。

大きめの紙袋は、先ほど同様に、取っ手を内側に入れ込んで、

取っ手側の端っこを底に引っ掛ける感じで、入れ込みます。

わかります?(汗)輪になる感じです。

そうすると、コンパクトになり、かさばりません。

手前から小さいサイズ・・・グラデーション。見た目が揃うとなんだか嬉しいですね(‘∀’*)

最初は、めんどくさそう・・・と思ったのですが(元々が、ズボラだからね)たった3分でバラバラだった紙袋がキレイに揃いました。次からは、畳んで収納したくなり、この「紙袋を畳む」習慣が続いています。

 

ちなみに、私は、このカゴから紙袋が溢れてきたら、「紙袋を減らす」と決めています。

紙も劣化します、虫もつきますので、なるべく古いものを手放して、新しいものを入れて、回転させていきましょう。

 

紙袋を減らす基準ですが、、、

「自分が使うサイズだけ残す。」です。

自分が使いやすいサイズって決まってます。

本の貸し借りが多い人は、本が収まるサイズ。

ジャガイモを配って回る人は、おすそ分けにちょうどいいサイズ。

紙袋一つとっても、自分のパターンを分析して、保持するようにしましょう!

ながーく残ってるってことは、そのサイズは、滅多に、使わないのかも??

「そうかも、あのサイズ使うシーンが思い浮かばないわ!」と思われたなら、一度、紙袋を見直してみてください♬

紙袋は、場所を決めて、定量管理しましょう!

5分もあればできるはずです!

参考になれば幸いです★

 

「暮らしと人生を整える、

整理収納ベーシックlesson」

3/9@キジマさん、

3/13@スウェーデンハウス長崎さん

募集中です(๑’ᴗ’๑)

詳しくはこちら↓

https://coubic.com/yasuyo

個別レッスンのお問い合わせもどうぞ。

スポンサーリンク