こんにちは♪長崎市整理収納アドバイザーのやすよです(๑’ᴗ’๑)

旧暦の1月1日(春節)の本日1月18日。長崎ではランタンフェスティバルが開幕しました。

中国の旧正月を祝う行事「春節祭」を起源とする、長崎の冬の一大風物詩「長崎ランタンフェスティバル」長崎新地中華街をはじめ、湊公園、中央公園、眼鏡橋周辺、浜市・観光通りアーケードなど長崎市内の中心部に約15,000個にも及ぶ極彩色のランタン(中国提灯)や、大型オブジェが幻想的に飾られ、街を彩ります。期間中は毎日各会場で、龍踊り、中国雑技、二胡演奏など中国色豊かなイベントが繰り広げられます。

画像・文引用元:ながさき旅ネット

本日はアカデミア3期生の澤一良理事長による研究会(通称:澤研)の日でした。今回、webにて参加しました。

私が勇気を出して昨年の10月より参加したアカデミア。※【100万円の自己投資⁈整理収納アカデミア3期生スタート。】

各研究プロジェクトチームでの話し合い(私は東京・長崎・徳島で4人のプロジェクトチーム)、各プロジェクトの概要をシェアしました(^ᴗ^)

心強いメンバーと、協会のサポート。(やっぱ澤理事長はすごい)アドバイザーを目指した頃からの夢をカタチにしたい。自己満足ではなく、きちんと社会に還元できるビジネスとして展開したい。(守秘義務で!詳細はお伝えできませんが、カタチになったら、ご報告いたします!)

母でも、夢を追う。いや、母だからこそ。

学歴なし、キャリアなし、コネなし、子供もまだ手がかかる、地方在住。

アカデミア3期の募集を見た時に、「これだ!今やらないでいつやる!」と、勇気出して飛び込んだ。

私が夢をカタチにできたら。もっと、もっと、みんなで夢を描けるかな。

ママたちがもっと自分の人生を楽しんで、自由に夢を描けたら、子供達も、もっともっと、自由に自分らしく、生きれるかな。

私の情熱の原点は母の存在。ランタンフェスティバルが開幕すると、母の命日もやってきます。

先日リンクした「私が整理収納を仕事にする理由」をたまたま読んで、

感動した、頑張ってねと、北海道の人気講師きみちかさんが連絡を下さいました。

もし、私が整理収納アドバイザーの仕事と出会っていなかったら。私がきみちかさんの講座を受講していなかったら。彼女と知り合うこともなく、この想いを伝えることもできなかった。

日々の選択、決断で、今の自分がある。そう思うと、「今」は、奇跡の連続だ。

出会えたこと、今この時代に母親として生きて、志を同じく持てること。

もっと言えば、情報が氾濫するこの時代で、あなたがこのブログを読んでくれている事自体、奇跡としか言えない。(ありがとうございます!)

私の人生を導いてくれた整理収納との出会いからもうすぐ5年。

人口1億人に対して、10万人志を同じする者がいれば、世の中を変える力を持っているそうです。

なんと昨年で整理収納アドバイザーは10万人越えしました!

家事労働の地位向上を掲げる協会の理念にも賛同しています。

もっと、お母さん達が生きやすい世の中に。笑っていられるように。

子供達がその姿を見て、未来を描けるように。

私は、整理収納でやります!

春節の今日。改めて、そう誓ったのでした。

かなり抽象的な内容で、すみません。

皆様にお披露目できる日まで、頑張ります。どうぞ、応援よろしくお願いします!

ウィジェットに広告コードを貼り付ける必要があります。