こんにちは♪長崎市整理収納アドバイザーのやすよです(๑’ᴗ’๑)

【パパのバックの収納どうしてる?リビングのパパコーナー解説その③壁面収納編】の続きです。

今回は、パパ宛てにくる紙類について解説します。

↑このように、小物箱の右側に<1軍のお便りポスト>、その下に<2軍のお便りポスト>を設置しています。

まず、<1軍のお便りポスト>を解説します。

このように、セリアの木箱に立てて収納しています。ここには、「パパ宛てに来た手紙」や「確認して欲しい書類」をどんどん放り込みます。新しいお手紙などが来た日には、一声かけて、ここを確認してもらいます。

1月は、年賀状が入ってました。

箱はなんでもいいと思いますが、大きすぎると溜まりっぱなしになるし、小さすぎるとすぐ溢れます。自分のちょうどいい量っていうのがあるので、そのあたりを意識して選んで下さいね!片付けのスキルがついてくれば、このちょうどいいが自然とわかってきますよ。

次に、<2軍のお便りポスト>です。

我が家は、ファイリングシステムを導入していますので、紙類は基本このようにファイルボックスに収納しています。

※ファイリングボックスについてはまた次回!

「子供がパパに書いた手紙・作品」「読みかけの雑誌」「保管が必要な書類」など。

とにかく、リビングのパパの紙類は、どちらかのボックスにイン!です。

もう、あとは考えなくていい!とにかくインするんだ!みんな!(笑)

基本的には、この2つのボックスは私は触りません。

この箱がいっぱいになってきたら、声をかける程度にしときます。休みの日や、時間があるときに、自分で整理しています。だって、自分の書類じゃないですか。なんで主婦がしないといけないんだ(怒)

本人に判別させて癖をつけてもらいましょうね!(本人が気分良く片付ける声掛けにも、コツがあります。レッスンに参加した方ならわかりますよね!笑)

これを習慣化してもらうと、あとあとママが楽になります♡

この<パパ専用のお便りポスト>があるのと、ないのでは大違いです。

「あれどこやった!」とか「捨てたやろ」とかママのせいにされて、ディスられることが格段に減ります(笑)この2箇所を探せばいいので、探し物の時間も減ります。

パパ以外にも、同居する大人がいる場合は、ばあちゃん用とか、子供用も作るといいですね!

リビングに紙が散乱して困っているご家庭は、このお便りポスト導入してみてはいかがでしょうか?

参考になれば幸いです(๑•ω•́ฅ✧