こんにちは。

長崎市、整理収納アドバイザーのやすよです。

 

『整理収納』と『片付け』と『掃除』

 

似ているようで違います。

 

これらの言葉の意味をそれぞれ調べてみると

このように定義されています。

【整理】

1 乱れた状態にあるものを整えて、きちんとすること。

無駄なもの、不要なものを処分すること。「人員を―する」

【収納】

1 中に入れて、しまっておくこと。

※goo辞書より一部抜粋

整理収納とは、
整理(不要なものを取り除き)
収納(使いやすく納めること)

 

<片付く仕組みの構築>

です。

 

では、片付けるとは?

【片付ける】…

物を、適当な場所にきちんと入れ納める。

乱雑に置かれている物をまとめ整える。

「部屋を―・ける」「本を物置に―・ける」

2 仕事をすっかり終わらせる。

物事をうまく処理する。

「宿題を―・ける」「トラブルを―・ける」

※goo辞書より一部抜粋

 

片付けるとは、

使ったら戻すこと。

日々の生活行為そのもの。

 

これはモノを使い続けて生きる限り、

一生終わることはありません!!

 

しかし、

整理収納で、片付く仕組み

が決まってしまえば、

モノ使ったら、戻すだけです。

 

片付けでも、片付けても、終わらない、

ゴールが見えないということがありません。

 

ゴールがあるとわかるだけでも、

心もずいぶんと楽になりますよね。

 

 

それと、掃除ですが、

【掃除】

1 はいたりふいたりして、ごみやほこり、汚れなどを取り去ること。「庭を―する」「ふき―」

※goo辞書より一部抜粋

つまり、衛生的に保つことですね。

これも、一生続きますね。

 

掃除は、モノを退かしたり、

片付けた後に行いますから、

 

片付けがスムーズだと、

掃除もスムーズなのは必然ですね。

 

まとめ
【整理収納】
=【片付けが楽になる、掃除も楽になる

 

でした😀

 

⇩Instagramにて、日々のつぶやきなど更新中です。

⇩ランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ