こんにちは、長崎市の整理収納アドバイザーの やすよ です。ご覧いただきありがとうございます。

今日は「私が整理収納アドバイザーになったワケ」をお伝えしようと思います。ずぼらで、めんどくさいが口癖の、自分に全く自信がなかった私が⁈なぜ、片付けれるようになって、人生が楽しくなったのか。自己紹介も兼ねてお伝えしたいと思います。


それは4年前、やすよ28歳の時です。当時、結婚と同時に中古の一軒家を購入し、主人、義母、私、3歳の長女、と4人暮らしていました。私は元々、片付けができる人間ではありませんでした。そして、片付けができるようになりたいとも思っていませんでした。片付いてどうなるかなんて効果を知らなかったからです。

ただ、インテリアが好きで、雑誌に載ってるみたいな部屋にしたーい!と思っていただけ。専業主婦で、育児の合間にハンドメイドアクセサリーを委託販売したり、イベントに出たりしていました。

「自分はきちんと子育てできているのか?」初めての子育て、人と比べてしまって、自信が持てない。家族は私がパートに出て働くのは反対、長女を保育園に入れてまで、がっつり働いて稼げる自信もない。お金も稼げないけど、自由に使えるお金はあまりない。自由にしている独身の友達がうらやましい。

ハンドメイド好き・めんどくさがり・自分のことが嫌い・な専業主婦でした。

今でこそ、初めてお会いした方にはそんな風には見えない!ポジティブな人間だと言われます。当時はとってもネガティヴで、いつも周囲のことばかり気にしていました自分に全く自信が持てませんでした。

そんな悶々としたある日、たまたま『整理収納アドバイザー』のドキュメンタリー番組を観ました。

散らかった部屋がみるみる片付いていき、クライアントさんの顔が明るくなり、性格までも前向きに変わっていく。私は、感動し、泣きながらそのドキュメンタリー番組を最後まで観ました。なぜなら、ちょうどその頃、実家の父の引越しを手伝ったばかりだったのです。

20年間過ごした実家からは、6年前に亡くなった母の遺品、家を出て行った私達4人兄弟のモノも大量にできてきました。しかも、兄弟達は誰も!手伝いに来ず!!心臓病で手術をしたばかりの父と、当時2歳の娘を抱え、連日、荷造りを手伝いました(涙)いわゆる、親の片付けってやつです。肉体的にも、精神的にもボロボロになりました。

そんな経験をして、〈モノってなんだろう〉って母の遺品や自分達の思い出のモノと再会して虚しいというか、なんとも言えない気持ちになっていた時だったのです。

テレビを観終わった後、私はこれだ!片付けの勉強をしてみよう!と思いたち、すぐに福岡で開催してた整理収納アドバイザー2級認定講座を申込みました!

そこで、初めて、整理収納の概念に触れました。それは、目からウロコの連続でした。

整理収納アドバイザーになる』へつづく

ウィジェットに広告コードを貼り付ける必要があります。